2013/6/6 第3回耐久性セミナー「プラスチックの耐久性」

マテリアルライフ学会主催 第3回 耐久性セミナー「プラスチックの耐久性」 

プラスチックは日用品から工業用品に幅広く利用されており、さまざまな使用環境下における劣化挙動や耐久性を理解することは、製品設計者にとって重要と考えます。マテリアルライフ学会では、第3回耐久性セミナー「プラスチックの耐久性」を主催いたします。今回は高分子の耐久性に関する劣化解析や寿命予測・診断技術・建材の耐久性を研究されている方を講師にお招きし解説していただきます。

また、長期間の耐候性に着目し、「日本ウエザリングテストセンターにおいて40年暴露した各種プラスチックの劣化解析研究」のキックオフを兼ねて開催いたします。皆様のご参加をお待ち致しております。

1. 主催 : マテリアルライフ学会

2. 協賛(予定):日本化学会、日本ゴム協会、日本材料学会、日本接着学会、日本分析化学会、高分子学会、繊維学会、プラスチック成形加工学会

 3. 日時2013年6月6日(木)   13:00~17:00

4. 会場キャンパスイノベーションセンター東京 山形大学 東京サテライト 5F

     (東京都港区芝浦3-3-6 TEL.03-5440-9071) (JR田町駅から徒歩5分)

講演113:00~14:00 プラスチックの耐久性―劣化解析・耐久性評価・寿命予測―神奈川大学名誉教授・帝京大学短期大学教授 大石不二夫氏
講演214:10~15:10 プラスチック建材の耐久性凸版印刷㈱ マテリアルソリューション事業本部 マイスター・部長 早川 典氏
講演315:10~16:10 有機物の長期耐久性の診断技術に関して山形大学大学院理工学研究科 教授 栗山 卓氏
講演416:20~17:00 耐久性研究会の進め方(40年暴露品の解析方法も含めて)マテリアルライフ学会耐久性研究会委員長 高根 由充氏

 

5. 参加費:会員8,000円(協賛学会員含む)、シニア会員5,000円、非会員10,000円、学生会員3,000円

※ 金額は、消費税を加算した料金です。

※ 参加費は、なるべく事前にお振込み下さい。

6. 定員:40名(事前申込、定員になり次第締切)

7. 申込締切2013年6月4日(火) ※延長しました。

 【申込方法】

申込用紙に必要事項を明記の上、郵送、FAXまたはE-mailでお申込み下さい。

 【問合せ・申込先】

マテリアルライフ学会 事務局

〒103-0025東京都中央区日本橋茅場町2-6-8

TEL.03-5695-6544  FAX.03-5695-1939

E-mail:mls@kt.rim.or.jp

案内&申込みファイル: 第3回耐久性セミナー(学会)