2014/2/28 マテリアルライフ学会 第18回 春季研究発表会

2014/2/28 マテリアルライフ学会 第18回 春季研究発表会 

春季研究発表会を下記要綱にて開催します.産・官・学の新進気鋭の研究者・技術者を中心に,寿命予測・光照射・添加剤・リサイクル・難燃・表面・界面関係などに関する研究・技術発表及び企業からの新技術の発表・PRを募集します.産・官・学の交流と議論の場として,積極的なご参加をお願いいたします.発表は一般公募で,発表者持ち時間は15分です.

1. 主催 : マテリアルライフ学会

2. 日時 : 2014年2月28日(金)10 : 00~16 : 00(予定)

3. 会場 : キャンパス・イノベーションセンター東京山形大学 東京サテライト

4. 参加費 : 会員 3,000 円,シニア会員 1,800 円,非会員 5,000円, 学生 2,000 円 

 ※参加費は2月20日までにお振り込み下さい.

5. 研究発表申込要領 : 

 (1)研究発表申込締切 : 2013年12月13日(金)

(2)申込用紙に必要事項を明記の上,FAXまたはE-mailでお申込み下さい.なお,発表者には本会会員を1名以上含むこと(発表者も参加申込みが必要です).(ホームページからもお申込みいただけます.)

(3)募集予定件数 : 20件

6. 発表形式 : パワーポイント

7. 予稿原稿執筆要領

(1)原稿締切 : 2014年1月15日(水)必着

(2)原稿形式 : A4判, 1~2枚, 天地左右25 mmの余白.文字は10ポイントで,1または2段組.原稿はそのままA4判に印刷される.頁番号は付けない.

8. 表彰 : 優秀発表者には,学会より表彰致します.

9. 発表・参加申込&予稿原稿送付先マテリアルライフ学会

事務局〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-6-8TEL. 03-5695-6544 FAX. 03-5695-1939E-mail : mls@kt.rim.or.jp

マテリアルライフ学会第18回春季研究発表会(PDF版):MLS第18回春季研

プログラム (発表12分,質疑3分)MLS18 春季研プログラム0213

座長 : 寺野 稔 10:00~11:20

 1. 吸水後のCFRPの曲げ特性に及ぼす熱サイクルの影響神奈川大 ○飯島 臨,加藤木秀章,竹村兼一

2. CF/MAPPの界面せん断強度に及ぼす吸水及び樹脂粒の影響神奈川大 ○原 智明,加藤木秀章,竹村兼一

3. ケナフ繊維強化プラスチックの熱伝導特性に関する研究群馬大 〇萩原崇之,不破健雄,沈軼驊,河井貴彦,黒田真一

4. 植物由来原料をベースとする新規ポリウレタンの合成関東学院大 ○内田 希,香西博明

5. 側鎖にピレンを有する置換ポリアセチレンの合成および性質関東学院大 ○菅野 翔,香西博明

≪特別講演≫

 13:00~13:40高分子およびその複合材料寿命山形大学大学院理工学研究科 教授 栗山 卓

座長 : 滝澤俊樹 13:45~15:00

6. 樹脂複合管の長期耐久性評価手法の開発大阪ガス(株) ○樋口裕思京都工繊大 谷下友洋,山田和志,西村寛之

7. β 晶iPPの一軸変形過程における結晶転移とボイド形成群馬大 〇千田麻理,河井貴彦,黒田真一

8. 窒素化合物によるポリオキシメチレンの安定化機構の解析名工大 〇野村真理子,大谷 肇ポリプラスチックス 原科初彦

9. MALDI-MSおよび熱分解分析法を用いたシランカップリング剤架橋反応の解析名工大 〇山内一輝,大谷 肇

10. 塗料用アクリル樹脂の劣化解析(株)フジクラ ○栗原利康, 鈴木大輔,尾鍋和憲藤倉化成(株) 平山陽一

座長 : 黒田真一 15:10~16:25

11. グラム陰性菌細胞表層への金属イオンと活性酸素種の抗菌作用ヤマザキ学園大 石田恒雄

12. 各種溶媒を用いた含浸ゾルゲル法による高熱伝導ポリプロピレン系アルミナナノコンポジットの合成北陸先端大 ○金子 慧,谷池俊明,寺野 稔

13. ポリプロピレングラフトグラフェンによるポリプロピレンの高強度化と電気伝導性に関する検討北陸先端大 ○松下勝彦,新井 慈,豊水匡仁,谷池俊明,寺野 稔

14. 重合時に用いる助触媒がポリプロピレンの酸化劣化に及ぼす影響北陸先端大 ○飛田泰良,豊水匡仁,片田一喜,谷池俊明,寺野 稔

15. 化学発光イメージングによるポリマーの多検体同時寿命評価法の確立北陸先端大 ○荒谷尚樹,寺野 稔,谷池俊明東北電子産業(株) 佐藤 哲