2014/7/3-4 マテリアルライフ学会第25回研究発表会・特別講演会

大会プログラム(5/30版PDF)140530MLS_年次ご案内プログラム ←プログラム訂正前

◇プログラム変更の件(6/6訂正版)0606訂正版_MLS_25研プログラム ←プログラム訂正後

———————————————–
会場の都合により、
7月4日(金)2日目の開始時間が10:00からとなり、
それに伴い、午前中の時間が以下の通り、変更となりました。
———————————————–
<変更箇所>
———————————————–
 発表16-19  9:30~10:30  ⇒ 10:00~11:00
 発表20-23 10:45~11:45  ⇒ 11:10~12:10
———————————————–
注)開場時間は、7月3・4日共に、9:30からとなります。
———————————————–
※なお、学会誌Vol.26,No.2掲載の「プログラム」は、
 訂正が間に合わなかったため、変更前の時刻となっております。
 ご了承ください。
———————————————–

【会期】2014年7月3日(木)・4日(金)  

【会場】北陸先端科学技術大学院大学 東京サテライト 

マテリアルライフ学会では,「第25回研究発表会」を7月3日,4日に北陸先端科学技術大学院大学 東京サテライト(JR品川駅徒歩5分)で開催いたします.当学会では,研究発表会を新素材開発や新製品開発において重要な特性である耐久性や劣化について,幅広く討議する場と考えております.例年通りセッション制にて行いますので,各募集内容をご覧になり,皆様のご発表をお待ちしております.

研究発表会は,下記の要領で開催します.

日時:2014年7月3日(木)・4日(金)2日間

会場:品川インターシティ A棟19階

北陸先端科学技術大学院大学 東京サテライト(東京都港区港南2-15-1)

JR山手線・京浜東北線「品川駅」徒歩5分※アクセスはホームページを参照して下さい.http://www.jaist.ac.jp/satellite/sate/eng/index.html

1. 研究発表申込要領 

(1)研究発表申込締切:2014年4月1日(火) 

(2)発表募集件数:35件(予定) 

(3)ホームページの「発表申込フォーム」からお申し込みください. 

(4)研究発表者または共同研究者のうち,少なくとも1名は当学会正会員・学生会員に限ります. 

(5)発表はすべて口頭発表とし,1件当たりの発表時間は質疑応答を含め15分の予定です(申込件数等により調整します.) 

(6)発表は原則としてパワーポイントスライドのプロジェクター投影により行うものとします. 

【申込先】マテリアルライフ学会 

〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-6-8 TEL.03-5695-6544 FAX.03-5695-1939 

E-mail : mls@kt.rim.or.jp

2. 研究発表申込みの受理と訂正・取消 

(1)研究発表申込の採否およびプログラム構成は,企画委員会にご一任下さい. 

(2)申込後の題目その他の変更は認めません.発表取消のある場合は,ハガキまたはFAXにて早急にご連絡下さい.

3. 予稿原稿執筆要領 

(1)原稿締切:2014年5月9日(金)厳守 

(2)原稿はそのまま予稿集の原稿とさせていただきます.A4判,2または4頁で,上下・左右を各2 cm空けて下さい.なお,1頁目最下行に発表者全員のローマ字表記をご記入下さい(例:Toshio OGAWA).

4. 参加登録要領 

(1)研究発表会・技術交流会に参加ご希望の方は,ホームページまたは次号掲載の参加申込書からお申し込み下さい.(発表者も参加登録が必要です.) 

(2)参加登録料(予稿集1冊含む)は,添付ファイルの通りです.

(3)事前登録の締切は,6月20日(金)(必着)です.これ以降のお申し込みは当日扱いとなります.

5. 協賛学協会(予定):

長もちの科学研究センター,繊維学会,プラスチック成形加工学会,高分子学会,日本ゴム協会,色材協会,日本建築学会,日本化学会,文化財保存修復学会,日本分析化学会,日本信頼性学会

6. 特別講演:2件(予定)

7. 技術交流会:7月3日

8. 奨励賞:優秀な研究発表者には,奨励賞が授与されます.

【 発表募集分野の内容 】             

1)劣化モデル・寿命予測 材料⁄部品⁄製品などの寿命予測技術や事例に関する発表

(2)耐候性 耐候性試験方法ならびに耐候性試験機,耐候性材料に関する発表

(3)耐熱性 耐熱性試験方法ならびに耐熱性試験機,耐熱性材料に関する発表

(4)劣化解析・分析 材料⁄部品⁄製品などの劣化挙動の解析事例および劣化分析法に関する発表

(5)添加剤 有機・無機を問わず,材料および製品に耐久性や機能を付与するための添加剤・コーティング剤などに関する発表

(6)エコマテリアル・リサイクル リサイクル材料,リサイクル技術など環境に配慮した材料に関する発表

(7)表面・界面現象 表面から内部あるいは材料界面に関する諸性質に関する研究,及びそれらの解析方法に関する発表

(8)文化財 文化財の経年変化や劣化の評価技術,劣化機構に関する研究,文化財保護技術に関する研究

(9)その他 上記(1)から(8)に分類されないマテリアルライフに関する発表

 ★「第25回研究発表会」発表募集(PDF版)第25 回研究発表会(HP)